妊娠内輪は、塩ひかえめの食事にください

妊娠中は、おかあさんの食べたものを元に赤ん坊が作られます。メニューの均整も大切ですが、塩の受け取りすぎにも注意が必要です。

塩を取りすぎると、血圧が高くなります。血圧が高くなりすぎるって、妊娠高血圧症候群という病を引き起こします。
そうならないためにも、塩を避けることが大切です。そこで、塩を控える対策を紹介します。

旨みのダシを濃く講じる
干物を焼く前に、お湯をかける
みそ汁の工具だけ食べて、汁は飲まない
とろみを付ける
漬け物を食べない
香辛料を使う
ドレッシングをかけすぎない

ちょいうす味にするだけでも、塩のボリュームを燃やすことが出来ます。
では、うす味に決めるという心持ちが大切です。全部が無いといった物足りないので、くどい食品といった無い食品という組み合わせてみましょう。

あとは、野菜を大勢食べると、血圧の増加を制することが出来ます。毎日350gを食することが目標ですが、食べていますか?

おそらく両手に人一倍という、片手にいっぱいの野菜を合わせて350gぐらいだ。
どうも山積みですよね。少なくとも、両手にいっぱいは召し上がるように心がけましょう。

少しの調整でより良いメニューになります。
自分の結果、赤ん坊につき、世帯のためにも、うす味に気をつけてみましょう。http://www.san-nail.com/